読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ushi86のブログ

合コンを年に100回以上した経験から学んだことをシェアします。どうやったらモテるのか?仕事でうまくいくコミュニケーションや考え方など♪

100回やってわかった、合コンで次に必ず繋がるための2つのこと!

合コンで次に繋がるためには?

その場では楽しめたけど、次になかなか繋がらない。

二人でご飯に行ったりとか。

最初のころはたくさんありました。

 

今では年に100回以上合コンを開けています。

それも前に合コンで始めて知り合った子と次は一緒に開催する。

その積み重ねで年に100回できているのです。

そのためには初めて会った子を楽しませることが大切

じゃないとまた合コン行きたいとは思わないですよね。

 

また相手を楽しませることによって次にデートに行けたりとできます。

つまらなかったらまた会いたいよは思いませんしね。

 

ここでは相手を楽しませるために大切にするたった2つを紹介します。

当たり前だと思うことですが意外とみんなできていなかったりします。

 

1、リアクション

なんのためにリアクションをするのですか?

それは相手の話を聞いているサインです。

これさえ意識してやればだいぶ違ってきます。

「本当にそれだけ???」

はい、そうです!笑

 

そもそも相手を楽しませるには2パターンあります。

相手が受動的に楽しむか、能動的に楽しむか。

 

相手が受動的に楽しむとは、

こっちが「面白い話」をすればいいのです。

お笑い芸人さんの合コンはこれがメインだと思います。

これが簡単にできるんだったら苦労しません。

私もお笑いの勉強などをしますがなかなか奥が深い。

ではどうすれば簡単に相手を楽しませられるか

 

それは相手に能動的に楽しんでもらうことです。

すなわち相手にお話をしてもらう。

そのためのリアクションです。

 

人は相手に話を聞いてもらうのは心理学的にも嬉しいことです。

特に認められてり褒められたりすると自己重要感がたかまり、めちゃくちゃ嬉しいことです。

かのカーネギーさんも名書「人を動かす」で自己重要感の大切さを言っています。

 

なので「今日はたくさんお話できて楽しかった。またお話したいな♪」と思ってもらえばいいのです。

簡単にそう思ってもらえるのにリアクションが大切なのです。

 

合コンなどで周りのリアクションを見てみてください。

意外とみんな真顔で人の話を聴いたりしています。

真顔で話を聞かれる方はあまり嬉しくありません。

ぜひ意識してリアクションを心がけてください。

 

 

2、質問、共感

では相手に話してもらうにはどうすればいいか?

それが質問です。

質問の仕方などは前に記事を書いているのでそちらを参考にしてください。

 

そしてもっと大切なのが共感です。

みなさん自分の話していることや好きなことなどを共感してもらったら嬉しいですよね?

共感することで相手の自己重要感も高まります。

 

 

 

今回は本当にシンプルな事ですが、とても大事なことをお話しました。

意外とみんなこれができていない。

相手を笑わせようとあまりウケない話をしてみたり、相手の気をひこうと自慢話をしてみたり。

リアクション、共感だけをすればいいわけじゃありませんが、意識するだけで確実に違ってくる子で、ぜひみなさんやってみてください。